「ギャラリーのこと」

   コロナ禍がはじまってからは、急に客が減ってしまった「Gallery ICHIYOH」だったが、このところにわかに感染者数が激減してきた。これならば、ギャラリー復活もありうると考え、ひさしぶり宣伝することにした。
 当ホームページ「インフォメーション」にも掲載があるが、わたしの駒込スタジオには広さ20坪ほどの作品ギャラリーが併設しており、いつでも見学することができます。

 名称: Gallery ICHIYOH
 住所: 東京都北区中里3-23-22
    営業時間: 午前10時〜午後6時
 入場料: 100円
 —–年中無休
 *予めメールでご予約の上ご来場ください。

 作業場の隣にわたしの自宅があり、わたしはその一階に住んでいた。しかし二階の母が亡くなったのを機にわたしが二階へ移り、一階をギャラリーに改造した。
    オープンは2016年5月だった。
    多くの方々はオープンの直後にお見えいただいたが、そのころはある程度の間隔をあけて作品を展示していたため、いまから考えれば少しスカスカだったかもしれない。その後6〜7点の作品を追加で突っ込みいまはギューギュー。計23点の作品をご鑑賞いただけます。
    コロナ禍も一段落したことですし、お出かけには丁度良い気候です。
 ぜひ一度お越しください。
 夕方おいでいただければビールの付き合いも‥。

ギャラリーの改修工事をやっているときには、ちょうど「豊島区版トキワ荘」の制作が佳境に入っていたころで、工事のことにはあんまりアタマが回っていなかった。そのため塗装のことや電気配線のことなど、あとで気に入らない箇所がいっぱいでてきた。上の写真で見ると床がいい感じだが、床は、壁や天井の色にあわせて、本当はグレーにしたかった。それがどういうわけかダークマホガニーになってしまった。