ただいま制作中!

 下は「大石天狗堂」の壁絵(未完成)である。映画「ねじ式」(原作つげ義春)の背景美術として、今週つくりはじめたばっかりの、ひさしぶりの新作だ。(縮尺1/7)。
 この映画へは、うちのグルーブから6名もの協力者が名のり出て現在汗をかいているが、わたしだけは汗をかかなくてよいという約束になっていた。ところがある日の打ち合わせの際に、うちのクラブのU氏とY氏から「この壁のシーンだけは先生がやってくれませんか‥」と、ネチっこい目で促され、黙っていたら、どうもそんなことになってしまった。
 大石天狗堂とは寛政12年創業の京都のかるた屋でトレードマークは天狗の面だ。(強精剤とはなんの関係もない)。このかるた屋がつくる花札は、おもにバクチに使われるため、下のほうに20貫などと訳のわからない数字が書いてある。貫(カン)とは江戸時代には現金をあらわす単位として用いられ、20貫とは賭博場で使われる「20貫札(ふだ)」のことであろう。
 まだまだ完成にはいたらぬが、壁絵としてはどうにか及第点が採れたものと安心していた。そしたら沼津のU氏から「天狗絵はてっきり木板(きいた)の上に描いてあるものと思っていました」などと予期せぬツッコミがはいり、あせった。
 あわてて原作のマンガをよく見ると確かに木板のようでもある。だがここは室内の場面だ。ふつう室内に木板の壁はつくらない。
 面倒くさいのでつくり直す(描き直す)つもりはないのだが。


 マンガの原稿では天狗の帽子より上は絵が切れている。したがって映像になる場合、帽子より上は映らないはずだ。しかし、シネマスコープでの撮影なので、更に多くの、左右への広がりが必要となり、それらが今後の仕事となる。いつ終わるのかわからない。(なお、ねじ式に関しては、8/8、10/10、10/23、11/9日付けにも先行記事があります)。