トキワ荘の時代

   おととい筑摩書房から本が届いた。
   わたしの作品(1/15トキワ荘)が表紙になっている梶井純著「トキワ荘の時代」(ちくま文庫)。1993年に一度別の表紙で出版され、このたび表紙を変えて再出版されることになった本である。
 内容は、トキワ荘に暮らした若いマンガ家たちのリーダー的存在だった寺田ヒロオを中心に、トキワ荘での暮らしぶりを詳細に綴ったノンフィクション。
 昨夜半分ぐらい読んでみたが、彼らが残した文章や、日記や、インタビューのときに語った言葉などから浮かび上がってくる天才マンガ家たちひとりひとりの心のヒダを詳細に分析し、それぞれの人物像に迫っている。なかなかの名著と見た。まだぜんぶ読んじゃいないが、拙作が表紙となれば最後まで読まないわけにはいかない。
 来月にはトキワ荘が復元されるというこの時期に、タイミングよく出版されるトキワ荘本の表紙をかざることができて非常に喜んでいる。
 2月10日より筑摩書房(ちくま文庫)より発売予定。
 アマゾンで買えます。


表紙は石巻市の「石ノ森萬画館」に展示中の拙作トキワ荘より、石ノ森章太郎の部屋。(撮影:サト・ノリユキ)。奥の襖絵は水野英子女史(トキワ荘に暮らした唯一の女性マンガ家)によって描かれ、書籍の類は元生徒田山まゆみさん、電気スタンドは我がクラブ(渋谷クラフト倶楽部)の佐野匡四郎氏によって制作されるなど、多くの方々の協力によってつくられた(1/15)。